新しいレシピ

歴史的なカクテル運動の問題

歴史的なカクテル運動の問題


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「歴史的に、人々はカクテルの歴史を気にしません」と尊敬されているカクテル作家で歴史家は言いました デビッドワンドリッチ。 「それで、今日のカクテル文化における歴史の役割についての話を聞くためにここに75人の人々がいるのは一種の信じられないことです。」

観察は、最近の最も興味深いイベントの1つであったものを開始しました マンハッタンカクテルクラシック、業界で最も著名な名前のいくつかが主導するパネルディスカッション。このグループに提示された質問は単純なものではありませんでした:歴史、それは何のために良いのですか? (または、「お尻」なしでクラシックを綴ることができますか?)「私たちは過去に自然な魅力を持っています。実際には過去を持っていないので、バーで過去を呼び起こすことは非常にアメリカ的なことです」とワンドリッチは説明しました。しかし、私たちは歴史的なカクテルの動きをやりすぎたのでしょうか?答えはあなたを驚かせるかもしれません。

この傾向の1つの主要な症状は?たくさんの修正。そして、その理由はそれほど明確ではありません。バーのオーナーであるフィリップ・ダフが指摘したように、「南北戦争の再現ではありません」。それでも、このカクテルの作り方を処方しているバーテンダーにとって、絶対的なルールとして歴史を使用する明確な傾向があります。これは、一部の高級クラブのパスワードのように使用されています。これらのバーテンダーが飲み物を混ぜるスピークイージーのように、エリートでアクセスが困難です。もちろん、それはあなたが信頼する歴史のバージョンについての疑問を提起します。 「多くの場合、1つの例を見つけ、それを使用して包括的なステートメントを作成する人々を目にします。彼らは過去を平均しているのです」とWondrich氏は述べています。 「歴史は、事実を確認する必要がないことを除けば、ジャーナリズムに似ている」とダフは言った。

ここに考えがあります:それで、何ですか?さて、昔ながらのカクテルの熱心なメーカーが腕輪を束ねる前に、それは完全に何かを作り上げてそれを歴史的事実として渡すことを容認することではありません。むしろ、それは、ルールではなく、ツールとして履歴を使用するというこの概念をよりよく物語っています。 「この傾向の結果として生じた影響の不安があります。人々は 『私がこのようにしないと、そのようなグループからの不承認の危険を冒すだろう』と考えます」とワンドリッチは説明しました。結局のところ、カクテルを作るためのこの歴史的なアプローチは、創造性を阻害するべきではありません。さらに、これも覚えておく必要があります。古いからといって、おいしいとは限りません。

しかし、その後、ワンドリッチは興味深い点を提起しました。「私たちは本当に人々の心を吹き飛ばす機会を逃しているのでしょうか?」彼が提案したように、バーが最初に考案されたとおりにシンプルなウイスキートディを提供した場合はどうなりますか?砂糖、お湯、ウイスキーだけ。そのようなものが、「歴史的なカクテル」に対する飲酒者の認識と認識に与える影響を想像してみてください。

別の問題は、これが深刻で学術的であるということだと言う人もいます。誰かが大げさだと言うのを聞いたことがありますか? —カクテルへのアプローチは、バーに行くことのレクリエーションの側面を殺しています。 (そうそう、そうです。バーに行くのは 楽しい!)確かに、私たちの多くは大学時代に教室よりもバーで多くの時間を過ごしたかもしれませんが、私たちは確かに講義を受けるためにそこに行くことはありませんでした。

同時に、この哲学にプラス面を見ている人もいます。彼らは、それがより複雑な、そしてしばしばより高価なカクテルを正当化するのに役立つと主張しています。そしてそれを超えて、それはバーテンダーが彼らのクライアントと関わり、飲み物の芸術をよりよく理解するための語彙を彼らに提供するための自然な方法です。多分それは共有するのは単にクールな話です。しかし何よりも、それはバーがその技術に真剣であることを伝えるのに役立ちます。つまり、スウェーデンのフィッシュショット、イェーガーボム、ロングアイランドアイスティーはありません。

そして、まあ、少なくともこのカクテル愛好家が座っているバースツールからは、それはそれほど悪いことではありません。


サムロスは古典的なカクテルについていくつかの率直な意見を持っています

サム・ロスほど多くの象徴的で広く知られているカクテルを作ったと信じられる生きているバーテンダーはほとんどいません。業界のベテランであるロスは、カクテルルネッサンスの初期の頃は中心的存在であり、ニューヨーク市にあるサーシャペトラスケのミルク&ハニーでヘッドバーテンダーとして7年間過ごしました。私たちはロスと一緒に座って、現代の古典、古い警備員の将来の状態、そして彼を地獄よりも狂わせる理由について話し合いました。

あなたにとって古典的な飲み物を定義するものは何ですか?

歴史的ですか、それとも現代ですか?明らかに、それらは互いに結びついています。実際、クラシックなカクテルはもっとアイデアだと思います。新しいバーテンダーをトレーニングするときは、常にコアカクテルファミリーを説教します。それらを設定したら、リフを始めます。これは実際には置換になります。私は「クラシック」の作成に着手したことはありません。タイミング的には、私がやってきたときは、とても新しいバーシーンでした。それは物事を際立たせるのに役立ちました。しかし、一般的に、クラシックなカクテルは、難しい材料や風変わりな材料、点滴や自家製の苦味がなく、簡単に複製できる飲み物でなければならないと思います。シンプルで、親しみやすく、誰にでもできる、そして何よりも、それは優れている必要があります。正直なところ、人々が2世紀の大部分の間飲み物を作っていることを知っていると、それは以前に行われ、文書化されている可能性があります。

ペニシリン、紙飛行機、ゴードンの朝食など、飲み物の多くは全国のカクテルリストに複製されています。それについてどう思いますか?

びっくりしました! 10、15年経っても、それは信じられないほど謙虚です。そして、ほとんどの場合、私が見たものは、飲み物の非常に良い表現でした。しかし、私が本当に愛し、誇りを持っているのは、他のバーテンダーがそれらの飲み物を新しいものを作成するためのプラットフォームとして使用しているのを見るときです。これらの飲み物は、私が話していたコアカクテルの1つとして扱われます。それは素晴らしいことだと思います。彼らがそれからたわごとを食い物にしていない限り、私はそれらの飲み物が世界に出ているのを見て本当に嬉しくてショックを受けています。現在の情報の連鎖は非常に長く、驚くべきものです。

しかし、本当に私を怒らせるのは、ブランドがそれを始めたときです。ブランドが私の飲み物と私の名前を許可なく使用することがよくあります。このタイプのシナリオでは、飲食物の世界に実際の前例はありません。必ずしも特許を取得したくはありません。結局のところ、私たちは人々のために飲み物を作っています、そして私たちが持っているすべてのアクセスを持っていることにはとても素晴らしいことがあります。しかし、それがブランドのマーケティング戦略になり、ブランドの収益を促進している場合、それは問題です。彼らはまた、平均的なホスピタリティワーカーが立ち向かうことができるよりもはるかに大きい法務部門を持っているので、彼らはいじめっ子として行動します。バーテンダーコミュニティが集まって行動を起こし、自分自身と私たちの仕事をこのような状況からもう少し保護して、私たちの仕事に対する報酬が確実に得られるようにしたいと思います。

あなたのバー、Attaboyは、元のミルク&ハニースペースにあります。これは、多くのカクテル愛好家にとって神聖な場所です。その歴史にどのように対処しますか?

私自身とMichael [McIlroy]は、引っ越す前の過去8年間、Milk&ampHoneyを運営していました。その部屋は非常に多くの人々にとって非常に意味がありましたが、おそらく私たち以外の誰もいませんでした。私たちがAttaboyを作成した理由の一部は、スペースがスターバックスなどになるのを防ぐためでした。それに新鮮なアイデンティティを与えたかったのですが、500平方フィートで変更できるのはそれほど多くありません。古いバーの特徴を今でも多く維持していると思います。入り口の効果はまだあります。汚れたエルドリッジストリートからこの雰囲気のある部屋に降りてきます。また、前壁にはオリジナルのエッチングが施され、バーの後ろにはむき出しのレンガが残っています。新しい新鮮な環境を作りながら、古い場所に敬意を表したいと思いました。

ニューヨークのクラフトカクテルムーブメントを復活させたオリジナルのバーの多くは、食品業界の基準で古くなっています。多くの人が10年の基準に達しています(または近づいています)。現在のカクテルシーンでこれらのバーが果たしている役割は何だと思いますか?

さて、私は良い味が時代遅れになることは決してないということから始めます。この動きに拍車をかけたこれらの場所には、まだ多くの関連性があります。文化として、私たちは、非常に普及していた禁酒法以前のテーマであるムレから少し離れています。そこにすべてのその情報があるので、飲み物作りとサービスのレベルは至る所で高められました。たとえば、カクテルプログラムを考慮せずに、新しいレストランを開くことはできません。そのため、カクテルの目的地であったこれらの場所は少し緩んでいます。私はサスペンダー全体と口ひげを生やした動きの大部分を占めていました—そして私はそれを毎秒愛していました。しかし、今はそうする必要はありません。ウォッカドリンクをめぐる戦いに勝ちました。何年にもわたって人々に「ノー」と言った後、私たちは私たちが望んでいた影響を与えました。おいしい飲み物を作り続ける時が来ましたが、もう少し楽しんでください。多分もう少し騒々しいです、もっとロックンロールを聞いてください。

歴史的なカクテルは引き続き関連性がありますか?

絶対。歴史的な古典がすべてです。それらなしでは新しいものはあり得ません。走る前に歩く必要があります。バランスの公式である古典を理解して初めて、新しいものを作り始めることができます。使い方がわからなければ、世界中のすべての新製品は何の価値もありません。


サムロスは古典的なカクテルについていくつかの率直な意見を持っています

サム・ロスほど多くの象徴的で広く知られているカクテルを作ったと信じられる生きているバーテンダーはほとんどいません。業界のベテランであるロスは、カクテルルネッサンスの初期の頃は中心的存在であり、ニューヨーク市にあるサーシャペトラスケのミルク&ハニーでヘッドバーテンダーとして7年間過ごしました。私たちはロスと一緒に座って、現代の古典、古い警備員の将来の状態、そして彼を地獄よりも狂わせる理由について話し合いました。

あなたにとって古典的な飲み物を定義するものは何ですか?

歴史的ですか、それとも現代ですか?明らかに、それらは互いに結びついています。実際、クラシックなカクテルはもっとアイデアだと思います。新しいバーテンダーをトレーニングするときは、常にコアカクテルファミリーを説教します。それらを設定したら、リフを始めます。これは実際には置換になります。私は「クラシック」の作成に着手したことはありません。タイミング的には、私がやってきたときは、とても新しいバーシーンでした。それは物事を際立たせるのに役立ちました。しかし、一般的に、クラシックなカクテルは、難しい材料や風変わりな材料、点滴や自家製の苦味がなく、簡単に複製できる飲み物でなければならないと思います。シンプルで、親しみやすく、誰にでもできる、そして何よりも、それは優れている必要があります。正直なところ、人々が2世紀の大部分の間飲み物を作っていることを知っていると、それは以前に行われ、文書化されている可能性があります。

ペニシリン、紙飛行機、ゴードンの朝食など、飲み物の多くは全国のカクテルリストに複製されています。それについてどう思いますか?

びっくりしました! 10、15年経っても、それは信じられないほど謙虚です。そして、ほとんどの場合、私が見たものは、飲み物の非常に良い表現でした。しかし、私が本当に愛し、誇りを持っているのは、他のバーテンダーがそれらの飲み物を新しいものを作成するためのプラットフォームとして使用しているのを見るときです。これらの飲み物は、私が話していたコアカクテルの1つとして扱われます。それは素晴らしいことだと思います。彼らがそれからたわごとを食い物にしていない限り、私はそれらの飲み物が世界に出ているのを見て本当に嬉しくてショックを受けています。現在の情報の連鎖は非常に長く、驚くべきものです。

しかし、本当に私を怒らせるのは、ブランドがそれを始めたときです。ブランドが私の飲み物と私の名前を許可なく使用することがよくあります。このタイプのシナリオでは、飲食物の世界に実際の前例はありません。必ずしも特許を取得したくはありません。結局のところ、私たちは人々のために飲み物を作っています、そして私たちが持っているすべてのアクセスを持っていることにはとても素晴らしいことがあります。しかし、それがブランドのマーケティング戦略になり、ブランドの収益を促進している場合、それは問題です。彼らはまた、平均的なホスピタリティワーカーが立ち向かうことができるよりもはるかに大きい法務部門を持っているので、彼らはいじめっ子として行動します。バーテンダーコミュニティが集まって行動を起こし、自分自身と私たちの仕事をこのような状況からもう少し保護して、私たちの仕事に対する報酬が確実に得られるようにしたいと思います。

あなたのバー、Attaboyは、元のミルク&ハニースペースにあります。これは、多くのカクテル愛好家にとって神聖な場所です。その歴史にどのように対処しますか?

私自身とMichael [McIlroy]は、引っ越す前の過去8年間、Milk&ampHoneyを運営していました。その部屋は非常に多くの人々にとって非常に意味がありましたが、おそらく私たち以外の誰もいませんでした。私たちがAttaboyを作成した理由の一部は、スペースがスターバックスなどになるのを防ぐためでした。それに新鮮なアイデンティティを与えたかったのですが、500平方フィートで変更できるのはそれほど多くありません。古いバーの特徴を今でも多く維持していると思います。入り口の効果はまだあります。汚れたエルドリッジストリートからこの雰囲気のある部屋に降りてきます。また、前壁にはオリジナルのエッチングが施され、バーの後ろにはむき出しのレンガが残っています。新しい新鮮な環境を作りながら、古い場所に敬意を表したいと思いました。

ニューヨークのクラフトカクテルムーブメントを復活させたオリジナルのバーの多くは、食品業界の基準で古くなっています。多くの人が10年の基準に達しています(または近づいています)。現在のカクテルシーンでこれらのバーが果たしている役割は何だと思いますか?

さて、私は良い味が時代遅れになることは決してないということから始めます。この動きに拍車をかけたこれらの場所には、まだ多くの関連性があります。文化として、私たちは、非常に普及していた禁酒法以前のテーマであるムレから少し離れています。そこにすべてのその情報があるので、飲み物作りとサービスのレベルは至る所で高められました。たとえば、カクテルプログラムを考慮せずに、新しいレストランを開くことはできません。そのため、カクテルの目的地であったこれらの場所は少し緩んでいます。私はサスペンダー全体と口ひげを生やした動きの大部分を占めていました—そして私はそれを毎秒愛していました。しかし、今はそうする必要はありません。ウォッカドリンクをめぐる戦いに勝ちました。何年にもわたって人々に「ノー」と言った後、私たちは私たちが望んでいた影響を与えました。おいしい飲み物を作り続ける時が来ましたが、もう少し楽しんでください。多分もう少し騒々しいです、もっとロックンロールを聞いてください。

歴史的なカクテルは引き続き関連性がありますか?

絶対。歴史的な古典がすべてです。それらなしでは新しいものはあり得ません。走る前に歩く必要があります。バランスの公式である古典を理解して初めて、新しいものを作り始めることができます。使い方がわからなければ、世界中のすべての新製品は何の価値もありません。


サムロスは古典的なカクテルについていくつかの率直な意見を持っています

サム・ロスほど多くの象徴的で広く知られているカクテルを作ったと信じられる生きているバーテンダーはほとんどいません。業界のベテランであるロスは、カクテルルネッサンスの初期の頃は中心的存在であり、ニューヨーク市にあるサーシャペトラスケのミルク&ハニーでヘッドバーテンダーとして7年間過ごしました。私たちはロスと一緒に座って、現代の古典、古い警備員の将来の状態、そして彼を地獄よりも狂わせる理由について話し合いました。

あなたにとって古典的な飲み物を定義するものは何ですか?

歴史的ですか、それとも現代ですか?明らかに、それらは互いに結びついています。実際、クラシックなカクテルはもっとアイデアだと思います。新しいバーテンダーをトレーニングするときは、常にコアカクテルファミリーを説教します。それらを設定したら、リフを始めます。これは実際には置換になります。私は「クラシック」の作成に着手したことはありません。タイミング的には、私がやってきたときは、とても新しいバーシーンでした。それは物事を際立たせるのに役立ちました。しかし、一般的に、クラシックなカクテルは、難しい材料や風変わりな材料、点滴や自家製の苦味がなく、簡単に複製できる飲み物でなければならないと思います。シンプルで、親しみやすく、誰にでもできる、そして何よりも、それは優れている必要があります。正直なところ、人々が2世紀の大部分の間飲み物を作っていることを知っていると、それは以前に行われ、文書化されている可能性があります。

ペニシリン、紙飛行機、ゴードンの朝食など、飲み物の多くは全国のカクテルリストに複製されています。それについてどう思いますか?

びっくりしました! 10、15年経っても、それは信じられないほど謙虚です。そして、ほとんどの場合、私が見たものは、飲み物の非常に良い表現でした。しかし、私が本当に愛し、誇りを持っているのは、他のバーテンダーがそれらの飲み物を新しいものを作成するためのプラットフォームとして使用しているのを見るときです。これらの飲み物は、私が話していたコアカクテルの1つとして扱われます。それは素晴らしいことだと思います。彼らがそれからたわごとを食い物にしていない限り、私はそれらの飲み物が世界に出ているのを見て本当に嬉しくてショックを受けています。現在の情報の連鎖は非常に長く、驚くべきものです。

しかし、本当に私を怒らせるのは、ブランドがそれを始めたときです。ブランドが私の飲み物と私の名前を許可なく使用することがよくあります。このタイプのシナリオでは、飲食物の世界に実際の前例はありません。必ずしも特許を取得したくはありません。結局のところ、私たちは人々のために飲み物を作っています、そして私たちが持っているすべてのアクセスを持っていることにはとても素晴らしいことがあります。しかし、それがブランドのマーケティング戦略になり、ブランドの収益を促進している場合、それは問題です。彼らはまた、平均的なホスピタリティワーカーが立ち向かうことができるよりもはるかに大きい法務部門を持っているので、彼らはいじめっ子として行動します。バーテンダーコミュニティが集まって行動を起こし、自分自身と私たちの仕事をこのような状況からもう少し保護して、私たちの仕事に対する報酬が確実に得られるようにしたいと思います。

あなたのバー、Attaboyは、元のミルク&ハニースペースにあります。これは、多くのカクテル愛好家にとって神聖な場所です。その歴史にどのように対処しますか?

私自身とMichael [McIlroy]は、引っ越す前の過去8年間、Milk&ampHoneyを運営していました。その部屋は非常に多くの人々にとって非常に意味がありましたが、おそらく私たち以外の誰もいませんでした。私たちがAttaboyを作成した理由の一部は、スペースがスターバックスなどになるのを防ぐためでした。それに新鮮なアイデンティティを与えたかったのですが、500平方フィートで変更できるのはそれほど多くありません。古いバーの特徴を今でも多く維持していると思います。入り口の効果はまだあります。汚れたエルドリッジストリートからこの雰囲気のある部屋に降りてきます。また、前壁にはオリジナルのエッチングが施され、バーの後ろにはむき出しのレンガが残っています。新しい新鮮な環境を作りながら、古い場所に敬意を表したいと思いました。

ニューヨークのクラフトカクテルムーブメントを復活させたオリジナルのバーの多くは、食品業界の基準で古くなっています。多くの人が10年の基準に達しています(または近づいています)。現在のカクテルシーンでこれらのバーが果たしている役割は何だと思いますか?

さて、私は良い味が時代遅れになることは決してないということから始めます。この動きに拍車をかけたこれらの場所には、まだ多くの関連性があります。文化として、私たちは、非常に普及していた禁酒法以前のテーマであるムレから少し離れています。そこにすべてのその情報があるので、飲み物作りとサービスのレベルは至る所で高められました。たとえば、カクテルプログラムを考慮せずに、新しいレストランを開くことはできません。そのため、カクテルの目的地であったこれらの場所は少し緩んでいます。私はサスペンダー全体と口ひげを生やした動きの大部分を占めていました—そして私はそれを毎秒愛していました。しかし、今はそうする必要はありません。ウォッカドリンクをめぐる戦いに勝ちました。何年にもわたって人々に「ノー」と言った後、私たちは私たちが望んでいた影響を与えました。おいしい飲み物を作り続ける時が来ましたが、もう少し楽しんでください。多分もう少し騒々しいです、もっとロックンロールを聞いてください。

歴史的なカクテルは引き続き関連性がありますか?

絶対。歴史的な古典がすべてです。それらなしでは新しいものはあり得ません。走る前に歩く必要があります。バランスの公式である古典を理解して初めて、新しいものを作り始めることができます。使い方がわからなければ、世界中のすべての新製品は何の価値もありません。


サムロスは古典的なカクテルについていくつかの率直な意見を持っています

サム・ロスほど多くの象徴的で広く知られているカクテルを作ったと信じられる生きているバーテンダーはほとんどいません。業界のベテランであるロスは、カクテルルネッサンスの初期の頃は中心的存在であり、ニューヨーク市にあるサーシャペトラスケのミルク&ハニーでヘッドバーテンダーとして7年間過ごしました。私たちはロスと一緒に座って、現代の古典、古い警備員の将来の状態、そして彼を地獄よりも狂わせる理由について話し合いました。

あなたにとって古典的な飲み物を定義するものは何ですか?

歴史的ですか、それとも現代ですか?明らかに、それらは互いに結びついています。実際、クラシックなカクテルはもっとアイデアだと思います。新しいバーテンダーをトレーニングするときは、常にコアカクテルファミリーを説教します。それらを設定したら、リフを始めます。これは実際には置換になります。私は「クラシック」の作成に着手したことはありません。タイミング的には、私がやってきたときは、とても新しいバーシーンでした。それは物事を際立たせるのに役立ちました。しかし、一般的に、クラシックなカクテルは、難しい材料や風変わりな材料、点滴や自家製の苦味がなく、簡単に複製できる飲み物でなければならないと思います。シンプルで、親しみやすく、誰にでもできる、そして何よりも、それは優れている必要があります。正直なところ、人々が2世紀の大部分の間飲み物を作っていることを知っていると、それは以前に行われ、文書化されている可能性があります。

ペニシリン、紙飛行機、ゴードンの朝食など、飲み物の多くは全国のカクテルリストに複製されています。それについてどう思いますか?

びっくりしました! 10、15年経っても、それは信じられないほど謙虚です。そして、ほとんどの場合、私が見たものは、飲み物の非常に良い表現でした。しかし、私が本当に愛し、誇りを持っているのは、他のバーテンダーがそれらの飲み物を新しいものを作成するためのプラットフォームとして使用しているのを見るときです。これらの飲み物は、私が話していたコアカクテルの1つとして扱われます。それは素晴らしいことだと思います。彼らがそれからたわごとを食い物にしていない限り、私はそれらの飲み物が世界に出ているのを見て本当に嬉しくてショックを受けています。現在の情報の連鎖は非常に長く、驚くべきものです。

しかし、本当に私を怒らせるのは、ブランドがそれを始めたときです。ブランドが私の飲み物と私の名前を許可なく使用することがよくあります。このタイプのシナリオでは、飲食物の世界に実際の前例はありません。必ずしも特許を取得したくはありません。結局のところ、私たちは人々のために飲み物を作っています、そして私たちが持っているすべてのアクセスを持っていることにはとても素晴らしいことがあります。しかし、それがブランドのマーケティング戦略になり、ブランドの収益を促進している場合、それは問題です。彼らはまた、平均的なホスピタリティワーカーが立ち向かうことができるよりもはるかに大きい法務部門を持っているので、彼らはいじめっ子として行動します。バーテンダーコミュニティが集まって行動を起こし、自分自身と私たちの仕事をこのような状況からもう少し保護して、私たちの仕事に対する報酬が確実に得られるようにしたいと思います。

あなたのバー、Attaboyは、元のミルク&ハニースペースにあります。これは、多くのカクテル愛好家にとって神聖な場所です。その歴史にどのように対処しますか?

私自身とMichael [McIlroy]は、引っ越す前の過去8年間、Milk&ampHoneyを運営していました。その部屋は非常に多くの人々にとって非常に意味がありましたが、おそらく私たち以外の誰もいませんでした。私たちがAttaboyを作成した理由の一部は、スペースがスターバックスなどになるのを防ぐためでした。それに新鮮なアイデンティティを与えたかったのですが、500平方フィートで変更できるのはそれほど多くありません。古いバーの特徴を今でも多く維持していると思います。入り口の効果はまだあります。汚れたエルドリッジストリートからこの雰囲気のある部屋に降りてきます。また、前壁にはオリジナルのエッチングが施され、バーの後ろにはむき出しのレンガが残っています。新しい新鮮な環境を作りながら、古い場所に敬意を表したいと思いました。

ニューヨークのクラフトカクテルムーブメントを復活させたオリジナルのバーの多くは、食品業界の基準で古くなっています。多くの人が10年の基準に達しています(または近づいています)。現在のカクテルシーンでこれらのバーが果たしている役割は何だと思いますか?

さて、私は良い味が時代遅れになることは決してないということから始めます。この動きに拍車をかけたこれらの場所には、まだ多くの関連性があります。文化として、私たちは、非常に普及していた禁酒法以前のテーマであるムレから少し離れています。そこにすべてのその情報があるので、飲み物作りとサービスのレベルは至る所で高められました。たとえば、カクテルプログラムを考慮せずに、新しいレストランを開くことはできません。そのため、カクテルの目的地であったこれらの場所は少し緩んでいます。私はサスペンダー全体と口ひげを生やした動きの大部分を占めていました—そして私はそれを毎秒愛していました。しかし、今はそうする必要はありません。ウォッカドリンクをめぐる戦いに勝ちました。何年にもわたって人々に「ノー」と言った後、私たちは私たちが望んでいた影響を与えました。おいしい飲み物を作り続ける時が来ましたが、もう少し楽しんでください。多分もう少し騒々しいです、もっとロックンロールを聞いてください。

歴史的なカクテルは引き続き関連性がありますか?

絶対。歴史的な古典がすべてです。それらなしでは新しいものはあり得ません。走る前に歩く必要があります。バランスの公式である古典を理解して初めて、新しいものを作り始めることができます。使い方がわからなければ、世界中のすべての新製品は何の価値もありません。


サムロスは古典的なカクテルについていくつかの率直な意見を持っています

サム・ロスほど多くの象徴的で広く知られているカクテルを作ったと信じられる生きているバーテンダーはほとんどいません。業界のベテランであるロスは、カクテルルネッサンスの初期の頃は中心的存在であり、ニューヨーク市にあるサーシャペトラスケのミルク&ハニーでヘッドバーテンダーとして7年間過ごしました。私たちはロスと一緒に座って、現代の古典、古い警備員の将来の状態、そして彼を地獄よりも狂わせる理由について話し合いました。

あなたにとって古典的な飲み物を定義するものは何ですか?

歴史的ですか、それとも現代ですか?明らかに、それらは互いに結びついています。実際、クラシックなカクテルはもっとアイデアだと思います。新しいバーテンダーをトレーニングするときは、常にコアカクテルファミリーを説教します。それらを設定したら、リフを始めます。これは実際には置換になります。私は「クラシック」の作成に着手したことはありません。タイミング的には、私がやってきたときは、とても新しいバーシーンでした。それは物事を際立たせるのに役立ちました。しかし、一般的に、クラシックなカクテルは、難しい材料や風変わりな材料、点滴や自家製の苦味がなく、簡単に複製できる飲み物でなければならないと思います。シンプルで、親しみやすく、誰にでもできる、そして何よりも、それは優れている必要があります。正直なところ、人々が2世紀の大部分の間飲み物を作っていることを知っていると、それは以前に行われ、文書化されている可能性があります。

ペニシリン、紙飛行機、ゴードンの朝食など、飲み物の多くは全国のカクテルリストに複製されています。それについてどう思いますか?

びっくりしました! 10、15年経っても、それは信じられないほど謙虚です。そして、ほとんどの場合、私が見たものは、飲み物の非常に良い表現でした。しかし、私が本当に愛し、誇りを持っているのは、他のバーテンダーがそれらの飲み物を新しいものを作成するためのプラットフォームとして使用しているのを見るときです。これらの飲み物は、私が話していたコアカクテルの1つとして扱われます。それは素晴らしいことだと思います。彼らがそれからたわごとを食い物にしていない限り、私はそれらの飲み物が世界に出ているのを見て本当に嬉しくてショックを受けています。現在の情報の連鎖は非常に長く、驚くべきものです。

しかし、本当に私を怒らせるのは、ブランドがそれを始めたときです。ブランドが私の飲み物と私の名前を許可なく使用することがよくあります。このタイプのシナリオでは、飲食物の世界に実際の前例はありません。必ずしも特許を取得したくはありません。結局のところ、私たちは人々のために飲み物を作っています、そして私たちが持っているすべてのアクセスを持っていることにはとても素晴らしいことがあります。しかし、それがブランドのマーケティング戦略になり、ブランドの収益を促進している場合、それは問題です。彼らはまた、平均的なホスピタリティワーカーが立ち向かうことができるよりもはるかに大きい法務部門を持っているので、彼らはいじめっ子として行動します。バーテンダーコミュニティが集まって行動を起こし、自分自身と私たちの仕事をこのような状況からもう少し保護して、私たちの仕事に対する報酬が確実に得られるようにしたいと思います。

あなたのバー、Attaboyは、元のミルク&ハニースペースにあります。これは、多くのカクテル愛好家にとって神聖な場所です。その歴史にどのように対処しますか?

私自身とMichael [McIlroy]は、引っ越す前の過去8年間、Milk&ampHoneyを運営していました。その部屋は非常に多くの人々にとって非常に意味がありましたが、おそらく私たち以外の誰もいませんでした。私たちがAttaboyを作成した理由の一部は、スペースがスターバックスなどになるのを防ぐためでした。それに新鮮なアイデンティティを与えたかったのですが、500平方フィートで変更できるのはそれほど多くありません。古いバーの特徴を今でも多く維持していると思います。入り口の効果はまだあります。汚れたエルドリッジストリートからこの雰囲気のある部屋に降りてきます。また、前壁にはオリジナルのエッチングが施され、バーの後ろにはむき出しのレンガが残っています。新しい新鮮な環境を作りながら、古い場所に敬意を表したいと思いました。

ニューヨークのクラフトカクテルムーブメントを復活させたオリジナルのバーの多くは、食品業界の基準で古くなっています。多くの人が10年の基準に達しています(または近づいています)。現在のカクテルシーンでこれらのバーが果たしている役割は何だと思いますか?

さて、私は良い味が時代遅れになることは決してないということから始めます。この動きに拍車をかけたこれらの場所には、まだ多くの関連性があります。文化として、私たちは、非常に普及していた禁酒法以前のテーマであるムレから少し離れています。そこにすべてのその情報があるので、飲み物作りとサービスのレベルは至る所で高められました。たとえば、カクテルプログラムを考慮せずに、新しいレストランを開くことはできません。そのため、カクテルの目的地であったこれらの場所は少し緩んでいます。私はサスペンダー全体と口ひげを生やした動きの大部分を占めていました—そして私はそれを毎秒愛していました。しかし、今はそうする必要はありません。ウォッカドリンクをめぐる戦いに勝ちました。何年にもわたって人々に「ノー」と言った後、私たちは私たちが望んでいた影響を与えました。おいしい飲み物を作り続ける時が来ましたが、もう少し楽しんでください。多分もう少し騒々しいです、もっとロックンロールを聞いてください。

歴史的なカクテルは引き続き関連性がありますか?

絶対。歴史的な古典がすべてです。それらなしでは新しいものはあり得ません。走る前に歩く必要があります。バランスの公式である古典を理解して初めて、新しいものを作り始めることができます。 All of the new products in the world count for nothing if you don’t know how to use them.


Sam Ross Has Some Frank Opinions About Classic Cocktails

Few living bartenders can be credited with the creation of as many iconic, widely known cocktails as Sam Ross. A veteran of the industry, Ross was front-and-center during the earliest days of the cocktail renaissance, spending seven years as head bartender at Sasha Petraske’s Milk & Honey in New York City. We sat down with Ross to discuss modern classics, the state of the old-guard’s future and what makes him madder than hell.

What defines a classic drink to you?

Historic, or modern? They tie into each other, obviously. I think a classic cocktail is more of an idea, actually. When we’re training new bartenders, we always preach the core cocktail families. Once we have those set, we start riffing around, which really comes down to substitutions. I never set out to create “classics.” Timing-wise, when I was coming up, it was such a new bar scene. That helped make things stand out. But in general, I think a classic cocktail has to be a drink that’s easily replicated no difficult or wacky ingredients, no infusions or house-made bitters. Simple, approachable, foolproof and, above all, it has to be good. Honestly, knowing that people have been making drinks for the better part of two centuries, chances are that it’s been done before—and documented.

Many of your drinks have been replicated on cocktail lists across the country—the Penicillin, the Paper Plane, the Gordon’s Breakfast. How do you feel about it?

I’m shocked about it! Even after 10, 15 years, it’s incredibly humbling. And for the most part, what I’ve seen out there have been very good representations of the drinks. But what I really love and have lots of pride about is when I see other bartenders using those drinks as platforms to create new things—when those drinks are treated as one of those core cocktails I was talking about. I think that’s great. As long as they’re not butchering the shit out of it, I’m nothing but genuinely pleased and shocked to see those drinks out in the world. The chain of information now is so long, it’s amazing.

What really pisses me off, though, is when brands start to do it. I’ve had it happen quite frequently that brands use my drinks and my name without my permission. There’s not a real precedent in the food-and-drink world for this type of scenario. I wouldn’t want to patent anything necessarily. After all, we make drinks for the people and there’s something so amazing about having all the access that we have. But when it becomes a marketing strategy for a brand, and is driving revenue for them, that’s not OK. They also have legal departments that are so much bigger than the average hospitality worker could go up against, so they act the bully. I’d love to see the bartending community come together to take action and protect ourselves and our work a bit more from these types of situations, to make sure we’re paid for our work.

Your bar, Attaboy, is in the original Milk & Honey space—hallowed ground for many cocktail lovers. How do you deal with that history?

Myself and Michael [McIlroy], we’d been running Milk & Honey for the last eight years prior to its moving. That room meant so much to so many people, but perhaps nobody more than us. Part of the reason we created Attaboy was to protect the space from becoming a Starbucks or something. And while we wanted to give it a fresh identity, there’s only so much you can change in 500 square feet. I think it still maintains a lot of the old bar’s character. There’s still the effect of the entrance: coming off of grimy Eldridge Street into this vibe-y room. It also still has the original etchings on the front wall and the exposed brick behind the bar. We wanted to pay our respects to the old place while creating a new, fresh environment.

Lots of the original bars that resurrected the craft cocktail movement in New York are getting, well, old, by food-world standards. Many have reached (or are approaching) the ten-year mark. What role do you see these bars playing in the current cocktail scene?

Well, I’ll start by saying that good taste never goes out of fashion. These places that helped spur this movement still have a ton of relevance. As a culture, we’re moving a little bit away from the stuffiness, the pre-Prohibition–era theme that was so prevalent. With all that information out there, the level of drink-making and service has been elevated everywhere. You can’t open a new restaurant without considering your cocktail program, for example. So these places that used to be cocktail destinations have loosened up a bit. I was a huge part of the whole suspenders and waxed mustache movement—and I loved every second of it. But we don’t need to do that now. We won the battle over the vodka drinks. After years and years of saying “no” to people, we’ve had the impact we wanted. Now it’s time to keep making delicious drinks but have a little more fun with it. Maybe be a bit more loud, listen to more rock-and-roll.

Will historic cocktails continue to have relevance?

絶対。 Historic classics are everything. Nothing new can come without them. You have to walk before you can run. Only once you have an understanding of the classics—which are formulas of balance—can you start making new things. All of the new products in the world count for nothing if you don’t know how to use them.


Sam Ross Has Some Frank Opinions About Classic Cocktails

Few living bartenders can be credited with the creation of as many iconic, widely known cocktails as Sam Ross. A veteran of the industry, Ross was front-and-center during the earliest days of the cocktail renaissance, spending seven years as head bartender at Sasha Petraske’s Milk & Honey in New York City. We sat down with Ross to discuss modern classics, the state of the old-guard’s future and what makes him madder than hell.

What defines a classic drink to you?

Historic, or modern? They tie into each other, obviously. I think a classic cocktail is more of an idea, actually. When we’re training new bartenders, we always preach the core cocktail families. Once we have those set, we start riffing around, which really comes down to substitutions. I never set out to create “classics.” Timing-wise, when I was coming up, it was such a new bar scene. That helped make things stand out. But in general, I think a classic cocktail has to be a drink that’s easily replicated no difficult or wacky ingredients, no infusions or house-made bitters. Simple, approachable, foolproof and, above all, it has to be good. Honestly, knowing that people have been making drinks for the better part of two centuries, chances are that it’s been done before—and documented.

Many of your drinks have been replicated on cocktail lists across the country—the Penicillin, the Paper Plane, the Gordon’s Breakfast. How do you feel about it?

I’m shocked about it! Even after 10, 15 years, it’s incredibly humbling. And for the most part, what I’ve seen out there have been very good representations of the drinks. But what I really love and have lots of pride about is when I see other bartenders using those drinks as platforms to create new things—when those drinks are treated as one of those core cocktails I was talking about. I think that’s great. As long as they’re not butchering the shit out of it, I’m nothing but genuinely pleased and shocked to see those drinks out in the world. The chain of information now is so long, it’s amazing.

What really pisses me off, though, is when brands start to do it. I’ve had it happen quite frequently that brands use my drinks and my name without my permission. There’s not a real precedent in the food-and-drink world for this type of scenario. I wouldn’t want to patent anything necessarily. After all, we make drinks for the people and there’s something so amazing about having all the access that we have. But when it becomes a marketing strategy for a brand, and is driving revenue for them, that’s not OK. They also have legal departments that are so much bigger than the average hospitality worker could go up against, so they act the bully. I’d love to see the bartending community come together to take action and protect ourselves and our work a bit more from these types of situations, to make sure we’re paid for our work.

Your bar, Attaboy, is in the original Milk & Honey space—hallowed ground for many cocktail lovers. How do you deal with that history?

Myself and Michael [McIlroy], we’d been running Milk & Honey for the last eight years prior to its moving. That room meant so much to so many people, but perhaps nobody more than us. Part of the reason we created Attaboy was to protect the space from becoming a Starbucks or something. And while we wanted to give it a fresh identity, there’s only so much you can change in 500 square feet. I think it still maintains a lot of the old bar’s character. There’s still the effect of the entrance: coming off of grimy Eldridge Street into this vibe-y room. It also still has the original etchings on the front wall and the exposed brick behind the bar. We wanted to pay our respects to the old place while creating a new, fresh environment.

Lots of the original bars that resurrected the craft cocktail movement in New York are getting, well, old, by food-world standards. Many have reached (or are approaching) the ten-year mark. What role do you see these bars playing in the current cocktail scene?

Well, I’ll start by saying that good taste never goes out of fashion. These places that helped spur this movement still have a ton of relevance. As a culture, we’re moving a little bit away from the stuffiness, the pre-Prohibition–era theme that was so prevalent. With all that information out there, the level of drink-making and service has been elevated everywhere. You can’t open a new restaurant without considering your cocktail program, for example. So these places that used to be cocktail destinations have loosened up a bit. I was a huge part of the whole suspenders and waxed mustache movement—and I loved every second of it. But we don’t need to do that now. We won the battle over the vodka drinks. After years and years of saying “no” to people, we’ve had the impact we wanted. Now it’s time to keep making delicious drinks but have a little more fun with it. Maybe be a bit more loud, listen to more rock-and-roll.

Will historic cocktails continue to have relevance?

絶対。 Historic classics are everything. Nothing new can come without them. You have to walk before you can run. Only once you have an understanding of the classics—which are formulas of balance—can you start making new things. All of the new products in the world count for nothing if you don’t know how to use them.


Sam Ross Has Some Frank Opinions About Classic Cocktails

Few living bartenders can be credited with the creation of as many iconic, widely known cocktails as Sam Ross. A veteran of the industry, Ross was front-and-center during the earliest days of the cocktail renaissance, spending seven years as head bartender at Sasha Petraske’s Milk & Honey in New York City. We sat down with Ross to discuss modern classics, the state of the old-guard’s future and what makes him madder than hell.

What defines a classic drink to you?

Historic, or modern? They tie into each other, obviously. I think a classic cocktail is more of an idea, actually. When we’re training new bartenders, we always preach the core cocktail families. Once we have those set, we start riffing around, which really comes down to substitutions. I never set out to create “classics.” Timing-wise, when I was coming up, it was such a new bar scene. That helped make things stand out. But in general, I think a classic cocktail has to be a drink that’s easily replicated no difficult or wacky ingredients, no infusions or house-made bitters. Simple, approachable, foolproof and, above all, it has to be good. Honestly, knowing that people have been making drinks for the better part of two centuries, chances are that it’s been done before—and documented.

Many of your drinks have been replicated on cocktail lists across the country—the Penicillin, the Paper Plane, the Gordon’s Breakfast. How do you feel about it?

I’m shocked about it! Even after 10, 15 years, it’s incredibly humbling. And for the most part, what I’ve seen out there have been very good representations of the drinks. But what I really love and have lots of pride about is when I see other bartenders using those drinks as platforms to create new things—when those drinks are treated as one of those core cocktails I was talking about. I think that’s great. As long as they’re not butchering the shit out of it, I’m nothing but genuinely pleased and shocked to see those drinks out in the world. The chain of information now is so long, it’s amazing.

What really pisses me off, though, is when brands start to do it. I’ve had it happen quite frequently that brands use my drinks and my name without my permission. There’s not a real precedent in the food-and-drink world for this type of scenario. I wouldn’t want to patent anything necessarily. After all, we make drinks for the people and there’s something so amazing about having all the access that we have. But when it becomes a marketing strategy for a brand, and is driving revenue for them, that’s not OK. They also have legal departments that are so much bigger than the average hospitality worker could go up against, so they act the bully. I’d love to see the bartending community come together to take action and protect ourselves and our work a bit more from these types of situations, to make sure we’re paid for our work.

Your bar, Attaboy, is in the original Milk & Honey space—hallowed ground for many cocktail lovers. How do you deal with that history?

Myself and Michael [McIlroy], we’d been running Milk & Honey for the last eight years prior to its moving. That room meant so much to so many people, but perhaps nobody more than us. Part of the reason we created Attaboy was to protect the space from becoming a Starbucks or something. And while we wanted to give it a fresh identity, there’s only so much you can change in 500 square feet. I think it still maintains a lot of the old bar’s character. There’s still the effect of the entrance: coming off of grimy Eldridge Street into this vibe-y room. It also still has the original etchings on the front wall and the exposed brick behind the bar. We wanted to pay our respects to the old place while creating a new, fresh environment.

Lots of the original bars that resurrected the craft cocktail movement in New York are getting, well, old, by food-world standards. Many have reached (or are approaching) the ten-year mark. What role do you see these bars playing in the current cocktail scene?

Well, I’ll start by saying that good taste never goes out of fashion. These places that helped spur this movement still have a ton of relevance. As a culture, we’re moving a little bit away from the stuffiness, the pre-Prohibition–era theme that was so prevalent. With all that information out there, the level of drink-making and service has been elevated everywhere. You can’t open a new restaurant without considering your cocktail program, for example. So these places that used to be cocktail destinations have loosened up a bit. I was a huge part of the whole suspenders and waxed mustache movement—and I loved every second of it. But we don’t need to do that now. We won the battle over the vodka drinks. After years and years of saying “no” to people, we’ve had the impact we wanted. Now it’s time to keep making delicious drinks but have a little more fun with it. Maybe be a bit more loud, listen to more rock-and-roll.

Will historic cocktails continue to have relevance?

絶対。 Historic classics are everything. Nothing new can come without them. You have to walk before you can run. Only once you have an understanding of the classics—which are formulas of balance—can you start making new things. All of the new products in the world count for nothing if you don’t know how to use them.


Sam Ross Has Some Frank Opinions About Classic Cocktails

Few living bartenders can be credited with the creation of as many iconic, widely known cocktails as Sam Ross. A veteran of the industry, Ross was front-and-center during the earliest days of the cocktail renaissance, spending seven years as head bartender at Sasha Petraske’s Milk & Honey in New York City. We sat down with Ross to discuss modern classics, the state of the old-guard’s future and what makes him madder than hell.

What defines a classic drink to you?

Historic, or modern? They tie into each other, obviously. I think a classic cocktail is more of an idea, actually. When we’re training new bartenders, we always preach the core cocktail families. Once we have those set, we start riffing around, which really comes down to substitutions. I never set out to create “classics.” Timing-wise, when I was coming up, it was such a new bar scene. That helped make things stand out. But in general, I think a classic cocktail has to be a drink that’s easily replicated no difficult or wacky ingredients, no infusions or house-made bitters. Simple, approachable, foolproof and, above all, it has to be good. Honestly, knowing that people have been making drinks for the better part of two centuries, chances are that it’s been done before—and documented.

Many of your drinks have been replicated on cocktail lists across the country—the Penicillin, the Paper Plane, the Gordon’s Breakfast. How do you feel about it?

I’m shocked about it! Even after 10, 15 years, it’s incredibly humbling. And for the most part, what I’ve seen out there have been very good representations of the drinks. But what I really love and have lots of pride about is when I see other bartenders using those drinks as platforms to create new things—when those drinks are treated as one of those core cocktails I was talking about. I think that’s great. As long as they’re not butchering the shit out of it, I’m nothing but genuinely pleased and shocked to see those drinks out in the world. The chain of information now is so long, it’s amazing.

What really pisses me off, though, is when brands start to do it. I’ve had it happen quite frequently that brands use my drinks and my name without my permission. There’s not a real precedent in the food-and-drink world for this type of scenario. I wouldn’t want to patent anything necessarily. After all, we make drinks for the people and there’s something so amazing about having all the access that we have. But when it becomes a marketing strategy for a brand, and is driving revenue for them, that’s not OK. They also have legal departments that are so much bigger than the average hospitality worker could go up against, so they act the bully. I’d love to see the bartending community come together to take action and protect ourselves and our work a bit more from these types of situations, to make sure we’re paid for our work.

Your bar, Attaboy, is in the original Milk & Honey space—hallowed ground for many cocktail lovers. How do you deal with that history?

Myself and Michael [McIlroy], we’d been running Milk & Honey for the last eight years prior to its moving. That room meant so much to so many people, but perhaps nobody more than us. Part of the reason we created Attaboy was to protect the space from becoming a Starbucks or something. And while we wanted to give it a fresh identity, there’s only so much you can change in 500 square feet. I think it still maintains a lot of the old bar’s character. There’s still the effect of the entrance: coming off of grimy Eldridge Street into this vibe-y room. It also still has the original etchings on the front wall and the exposed brick behind the bar. We wanted to pay our respects to the old place while creating a new, fresh environment.

Lots of the original bars that resurrected the craft cocktail movement in New York are getting, well, old, by food-world standards. Many have reached (or are approaching) the ten-year mark. What role do you see these bars playing in the current cocktail scene?

Well, I’ll start by saying that good taste never goes out of fashion. These places that helped spur this movement still have a ton of relevance. As a culture, we’re moving a little bit away from the stuffiness, the pre-Prohibition–era theme that was so prevalent. With all that information out there, the level of drink-making and service has been elevated everywhere. You can’t open a new restaurant without considering your cocktail program, for example. So these places that used to be cocktail destinations have loosened up a bit. I was a huge part of the whole suspenders and waxed mustache movement—and I loved every second of it. But we don’t need to do that now. We won the battle over the vodka drinks. After years and years of saying “no” to people, we’ve had the impact we wanted. Now it’s time to keep making delicious drinks but have a little more fun with it. Maybe be a bit more loud, listen to more rock-and-roll.

Will historic cocktails continue to have relevance?

絶対。 Historic classics are everything. Nothing new can come without them. You have to walk before you can run. Only once you have an understanding of the classics—which are formulas of balance—can you start making new things. All of the new products in the world count for nothing if you don’t know how to use them.


Sam Ross Has Some Frank Opinions About Classic Cocktails

Few living bartenders can be credited with the creation of as many iconic, widely known cocktails as Sam Ross. A veteran of the industry, Ross was front-and-center during the earliest days of the cocktail renaissance, spending seven years as head bartender at Sasha Petraske’s Milk & Honey in New York City. We sat down with Ross to discuss modern classics, the state of the old-guard’s future and what makes him madder than hell.

What defines a classic drink to you?

Historic, or modern? They tie into each other, obviously. I think a classic cocktail is more of an idea, actually. When we’re training new bartenders, we always preach the core cocktail families. Once we have those set, we start riffing around, which really comes down to substitutions. I never set out to create “classics.” Timing-wise, when I was coming up, it was such a new bar scene. That helped make things stand out. But in general, I think a classic cocktail has to be a drink that’s easily replicated no difficult or wacky ingredients, no infusions or house-made bitters. Simple, approachable, foolproof and, above all, it has to be good. Honestly, knowing that people have been making drinks for the better part of two centuries, chances are that it’s been done before—and documented.

Many of your drinks have been replicated on cocktail lists across the country—the Penicillin, the Paper Plane, the Gordon’s Breakfast. How do you feel about it?

I’m shocked about it! Even after 10, 15 years, it’s incredibly humbling. And for the most part, what I’ve seen out there have been very good representations of the drinks. But what I really love and have lots of pride about is when I see other bartenders using those drinks as platforms to create new things—when those drinks are treated as one of those core cocktails I was talking about. I think that’s great. As long as they’re not butchering the shit out of it, I’m nothing but genuinely pleased and shocked to see those drinks out in the world. The chain of information now is so long, it’s amazing.

What really pisses me off, though, is when brands start to do it. I’ve had it happen quite frequently that brands use my drinks and my name without my permission. There’s not a real precedent in the food-and-drink world for this type of scenario. I wouldn’t want to patent anything necessarily. After all, we make drinks for the people and there’s something so amazing about having all the access that we have. But when it becomes a marketing strategy for a brand, and is driving revenue for them, that’s not OK. They also have legal departments that are so much bigger than the average hospitality worker could go up against, so they act the bully. I’d love to see the bartending community come together to take action and protect ourselves and our work a bit more from these types of situations, to make sure we’re paid for our work.

Your bar, Attaboy, is in the original Milk & Honey space—hallowed ground for many cocktail lovers. How do you deal with that history?

Myself and Michael [McIlroy], we’d been running Milk & Honey for the last eight years prior to its moving. That room meant so much to so many people, but perhaps nobody more than us. Part of the reason we created Attaboy was to protect the space from becoming a Starbucks or something. And while we wanted to give it a fresh identity, there’s only so much you can change in 500 square feet. I think it still maintains a lot of the old bar’s character. There’s still the effect of the entrance: coming off of grimy Eldridge Street into this vibe-y room. It also still has the original etchings on the front wall and the exposed brick behind the bar. We wanted to pay our respects to the old place while creating a new, fresh environment.

Lots of the original bars that resurrected the craft cocktail movement in New York are getting, well, old, by food-world standards. Many have reached (or are approaching) the ten-year mark. What role do you see these bars playing in the current cocktail scene?

Well, I’ll start by saying that good taste never goes out of fashion. These places that helped spur this movement still have a ton of relevance. As a culture, we’re moving a little bit away from the stuffiness, the pre-Prohibition–era theme that was so prevalent. With all that information out there, the level of drink-making and service has been elevated everywhere. You can’t open a new restaurant without considering your cocktail program, for example. So these places that used to be cocktail destinations have loosened up a bit. I was a huge part of the whole suspenders and waxed mustache movement—and I loved every second of it. But we don’t need to do that now. We won the battle over the vodka drinks. After years and years of saying “no” to people, we’ve had the impact we wanted. Now it’s time to keep making delicious drinks but have a little more fun with it. Maybe be a bit more loud, listen to more rock-and-roll.

Will historic cocktails continue to have relevance?

絶対。 Historic classics are everything. Nothing new can come without them. You have to walk before you can run. Only once you have an understanding of the classics—which are formulas of balance—can you start making new things. All of the new products in the world count for nothing if you don’t know how to use them.



コメント:

  1. Moogushakar

    確かに、これは素晴らしいメッセージです

  2. Home

    同意する、この驚くべき意見

  3. Fenrirr

    この場合に行動する方法は?

  4. Cuetlachtli

    ポータルは非常に超です。友達にお勧めします!

  5. Mikalrajas

    私の席は左側にあり、私はそこに座らなければなりません...ねえ、スピーカー、あなたは落ち着いて、本当にあなたの頭で考えます:)

  6. Mezticage

    それは良いアイデアです。



メッセージを書く